MENU

横髪、こめかみ、もみあげの白髪を簡単に染める5つの方法とは?

女性にとって髪の毛は大切なもので白髪になっても白髪染めで若々しくいたいものです。
そのためには生え際をしっかり染めることが大切です。

 

 

生え際から染めること

なにせ、白髪は生え際によく生えているからです。
しかし失敗することも多いのが白髪染めの難点で、特にこめかみやもみあげ部分などはなかなか染まりにくいです。
それを解決するにはまずは失敗しやすいところから始めると良いでしょう。
もみあげ、生え際から塗布することです。

 

 

失敗しやすいこめかみ

白髪染めを自分で行うと、一番失敗しやすいのがこめかみです。
ですから、白髪染めをする場合は一番失敗しやすいところから塗るのがポイントです。
失敗をしそうだという不器用な人は、ヘアカラートリートメントがオススメです。
目の細かい専用のコームなどを使うと比較的染めやすいでしょう。
生え際には染料付着を予防するためにクリームをしかり塗りましょう。

 

 

カラートリートメントを選ぶ

カラートリートメントタイプなら地肌に色が残りにくく、シャンプーで落とすことが出来ますから、とても簡単に白髪染めが出来ます。
髪の毛の生え際は色が入りにくいと言われています。
それは湿度が高いからと言われていますが、カラートリートメントによってしっかり染めることが出来ます。

 

 

事前に生え際にはクリームを塗っておく

これは美容室では当たり前のことですが、染料が顔につかないよう保護クリームを塗っておきましょう。
そして生え際のキワまでしっかり染めます。
キワまで染めるのはなかなか難しいと思われがちですが、とても分かりやすいので、この際しっかり染めてしまいましょう。

 

 

コームタイプを使うと便利

コームタイプを使って、髪の毛をとかすように白髪染めをすると簡単に生え際まで染めることが出来ます。
ここまでカラートリートメントを勧めてきましたが、それは2剤タイプより肌に優しく、さらに染料が入りやすいからです。
色ムラを避けるために根元から染めるようにしましょう。
コームタイプはそのままキワから染料をつけることが出来ますからオススメです。
最近では取りおきタイプも出ていますから、途中で染料が余った場合は保存しておくことが出来ます。
保存方法はしっかりパッケージに記載した通りにしましょう。
白髪染めリタッチのおすすめもありますので、参考にしてみてください!